【Parallel work】心を動かすタイトルをつける2のコツ♡想いを届けるライティング

こんにちは。

前回に引き続き、文章を書くコツについて書いていきます。
https://inmadokasheart.com/archives/1034

今日の話題はタイトルについてです!

みなさんは、ブログタイトルをつけることは得意ですか?

文章を書くことに慣れていなかったり、
ブログを書き始めでどうタイトル付をしたらいいかわからない、
という声をよく聞きます。

比較的私もタイトル付や、キャッチコピーを考えることが得意なので
本日の記事では、私が思うタイトル付の極意をお伝えします♡

1 記事を書き上げた後にタイトルを考える

これ、びっくりした方も多いのではないでしょうか。

タイトル=初めにつけるもの

と思っている方も一定数いるとは思いますが、
私は断然、タイトルは記事を書き上げた後に考える派です。

コツは、一通り記事を書いた後に
この記事を読みたいと思う人は、どんなキーワードで検索するか?
を考えること。

 

タイトルは、記事の要約ではありません。

記事を読んでもらうために、
ページを開いてもらうために、
いかに読者の興味を惹けるかが勝負となります。

 

記事を書き終えたら、
その記事の読者層になりそうな方がどう検索しそうか?
この視点で、関連するワードを
いくつかピックアップしてみてください♡

2 読者の心理を利用したアプローチを活用する

「読みたい!」「続きが知りたい!」と思ってもらうために
有効なアプローチ方法が読者の心理を利用する方法です。

これはタイトルだけでなく、キャッチコピーやオリジナル商品の
商品タイトルにも使うことができます!

ここで紹介したいのは、
「快」「不快」に触れるという2つのアプローチ方法。

 

よく読まれているブログやベストセラーの本などは、
さまざまな心理にアプローチしている中で
読者の「快」「不快」に触れています。

「快」を刺激するとそうなりたい!
「不快」を刺激するとそうなりたくない!
という心理が働き、行動に繋げることができます。

 

ブログのタイトルに置き換えると・・・

「ブログのアクセスアップ間違いなし!3つの秘訣」
▶︎そうなりたい!(そうなる秘密を知りたい!)

「あなたのブログがクリックされない3つの理由」
▶︎そうなりたくない!(そうならない方法を知りたい!)

アプローチ方法は異なっても、
どちらも最終的には”記事をクリックして開いてもらう”
という行動へと促すことができるのです。

 

人は、可愛い/役に立ちそう/便利/悩みを解決してくれそう、
などと、感情が働かない限り行動には繋がりません。

ぜひこの行動心理を考えながらタイトルを考えてみてください^^

いかがでしたでしょうか。

1 記事を書き終えた後にタイトルを考える
2 読者の心理を利用したアプローチを活用する

タイトルに悩んだら、まずはこの2つを意識されてみてください!

タイトルを考えるのは、慣れの部分も大きいですが
悩んだ時はきっとこのヒントが役に立つと思います♡

ちななみに、ツイッターは文章力を伸ばしたいという方に
ぴったりだと感じています。

なぜなら140字という決められた短い文字数で
言いたいことを伝える良い練習になるからです^^
ぜひツイッターを始められていない方は始め見ると良いかもしれません。

では、また更新します^^

 

まどか

1人でも多くの女性が今より幸せを感じて、いつも穏やかに笑顔で過ごせますように♡
そのために私ができることは…
✔︎セルフコーチングを通して、自分の枠を外して自由に生きる女性を増やすこと。
✔︎コーチングを通して、好きなことをしながら女性が輝くお手伝いをすること。
✔︎今よりちょっとずつ生きやすく、自由に考える方法をお伝えすること。

今日も明日も沢山笑って、毎日楽しく過ごしたい!♡
フルタイムOLをしながら、起業家さんのアシスタントをしています^^

副業/セルフコーチング/起業アシスタント/ライター/旅行/カメラ/物撮り/タピオカ/身体を整えること/天然石/オーガニックコスメ

Follow Me
Parallel work
シェアする
Follow Me
InMadokasHeart
タイトルとURLをコピーしました