【ハワイ】人を幸せにする常夏の島ハワイ。

スポンサーリンク

じりじりと照りつける太陽に、コパトーンの甘い匂いが鼻をかすめるビーチ。

ハワイに来て初めて思ったことは、本当にHappyな人が多いってこと♡!
私が行ったのは9月でお天気もいつも良くて、
旅行期間中とっても幸せな気持ちでいっぱいで、いっつもニコニコしていました。

行きたいと思う人が沢山いる人気のハワイについて書いていきます^^

 

ハワイの基本情報

日本からの直行便で9時間程度で、時差は19時間日本の方が早く
飛行機を降りると、時差ぼけしてしまう人が多数というハワイ。

実際に私も飛行機の中でぐっすり寝たのに、ハワイに到着したては
すごく眠くて、夢の中にいるようなフワフワした心地でした。

それでも飛行機を降りた瞬間の、甘くて温かいなんとも言えない空気が
常夏の島についたんだー!と思わせてくれました^^

ハワイには6つの島があって
きっとみんながイメージする「THE・ハワイ」のイメージはオアフ島。

ワイキキビーチやダイヤモンドヘッドなど観光名所もありながら
ショッピングが楽しめるアラモアナショッピングセンターもあって
ビーチも近いので泳ぐことも、夕日や虹を見るのも楽しめます♡

ダイヤモンドヘッド

ハワイで朝日を見るならダイヤモンドヘッドで。
そんなふうに言われるようになる程、観光客に浸透している

ハワイの朝日を見るスポットであるダイヤモンドヘッド。

ただ、今や人気すぎて沢山の人が集まるから早朝から長蛇の列なんだそう。
そして、朝日を見る前に断念して帰る方という声もネットで見かけます。

私は朝日は見に行った経験はないのですが、
ダイヤモンドヘッドから見えるあのワイキキの街並みと海は
私が今までに見た景色の中でも1番心に残っていています!!!

景色に心が洗われるような、不思議な感覚を抱いたのを今でも覚えています。

途中から勾配が急になったり、日差しが強いので水分とタオルは必須です。
道は舗装されているので歩きやすければ靴はなんでも良さそう。
他の登っている人も結構軽装でした!

これがダイヤモンドヘッドに登る際に、1番の壁となる99段の階段です!笑

これを登るのは想像以上にハードでしたが、時間にすると1時間半ほどで山頂まで登れます。

近隣にはグルメスポットがあるので、朝日を見た後は
そこで朝食も取っていくプランも良さそうです♡!

ダイヤモンドヘッドはワイキキビーチからと見ると「すぐそこ」に見えるけど
実はちょこっと離れていてアクセスにはバスを使いました。

アクセス(ワイキキ→ダイヤモンドヘッド)

◇Route23:Hawaii Kai-Sea Life Park
または Hanauma Bay▷バス停241(20分程度)
◇Route2:Waikiki-Diamond Head-KCC▷バス停4538(20分程度)

ダイヤモンドヘッド(Diamond Head)
営業時間:6:00~18:00
入園料:$1、車は一台につき$5
標高:232m

 

ワイキキからすぐに行けるところにあるので
ハワイにいくのであれば絶対に行って欲しい、おすすめスポットです!♡

No Rain, No Rainbow

暖かい気候のおかげか、すれ違う人はみんなおだやかなハワイ。

スコールは頻繁にあるけれどスコールの後には絶対に虹が見ることができます。
「No Rain, No Rainbow 」という言葉の通り。

 

そんな島には幸せそうに、自然と調和して生きている人が多い印象を受けました。

きっと、今ハワイに行ったらまた受け取るものが違ってくると思うので
コロナが落ち着いたらハワイには行きたいな〜と思っています♡!

甘くて湿ったあの空気を、また肌で感じたいなーーーー!

まどか

1人でも多くの女性が今より幸せを感じて、いつも穏やかに笑顔で過ごせますように♡
そのために私ができることは…
✔︎セルフコーチングを通して、自分の枠を外して自由に生きる女性を増やすこと。
✔︎コーチングを通して、好きなことをしながら女性が輝くお手伝いをすること。
✔︎今よりちょっとずつ生きやすく、自由に考える方法をお伝えすること。

今日も明日も沢山笑って、毎日楽しく過ごしたい!♡
フルタイムOLをしながら、起業家さんのアシスタントをしています^^

副業/セルフコーチング/起業アシスタント/ライター/旅行/カメラ/物撮り/タピオカ/身体を整えること/天然石/オーガニックコスメ

Follow Me
スポンサーリンク
World
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
Follow Me
InMadokasHeart
タイトルとURLをコピーしました