【蔵王】樹氷にカメラを持ってふらっと寄ってみた。アクセスと豆知識も。

スポンサーリンク

冬っぽい写真を撮りたい!
真っ白な雪景色をカメラに収めたい!!

そう思ったなら。

東京から飛行機で1時間、新幹線で3時間程度の
山形県の蔵王に出かけてみませんか!?

目の前いーーーーーーっぱいに広がる樹氷を楽しむことができます♡!

樹氷とは
0°以下になった、水の粒が冷えた樹木にぶつかってくっつき
凍りついて成長したものです。木に氷のお花が沢山ついているみたいです。

私は仙台旅行のついでに、予定にはなかったけど
東北に行くことがほとんどなかったので
せっかくだし時間もあるし、行ってみる?ということで行ってきました。

アクセス

私は仙台旅行のついでに、新幹線の中で樹氷を見に行くことを決めたので
ツアーなどには参加しませんでした。

しかし樹氷のピークシーズン(1〜2月)には、
ライトアップされた樹氷を見たり、バスで行くツアーなども充実しているようでした。

車を使う

私は日帰りで、仙台駅からカーシェアを借りて向かいました。

仙台駅から高速使って1時間半。高速代も1700円程度。
高速に乗る時に、「冬季は周辺エリアの路面凍結が心配です」
という文言を沢山見ましたが、スタッドレスタイヤであれば、安心でした。
(実際に私はスタッドレスタイヤでも大丈夫なのかすごく心配はしていましたが…。)

ロープウェイ乗り場は、平日は駐車料金かからないところも良心的です。

公共機関を使う場合

仙台駅▷山形駅(JR仙山線快速)
所要時間約1時間15分/1,170円

山形駅からは、「山交バス(蔵王温泉バスターミナル行き)」で蔵王温泉まで。

バス:毎日6:50から20:00までおよそ1時間おきに運行。
所要時間は片道約35分/1000円

前もって行くことが決まっているのなら、共機関を使った方が安く行けます。

見頃と観賞スポット

樹氷高原には、ロープウェイで向かいます。

蔵王山麓駅樹氷高原駅
(蔵王ロープウェイ山麓線)から

(※ここまででも正直十分私は楽しめました!)

樹氷高原駅▷
地蔵山頂駅
(蔵王ロープウェイ山頂線)まで向かいます。

所要時間は合計でおよそ20分ですが
樹氷高原駅までのロープウェイは平日でもかなり混雑していて、

私は行きも帰りも40分程度並びました。
しかもロープウェイは満員電車並に人が押し込まれます。

【蔵王山麓駅→樹氷高原駅→地蔵山頂駅】
・大人:片道1,500円(往復3,000円)

【営業時間】
・蔵王ロープウェイ山麓線:8:30〜17:00
・蔵王ロープウェイ山頂線:8:45〜16:45
※天候状況により変更・休止する場合あり

公式ページへ:http://zaoropeway.co.jp/ropeway/index.html

 

見頃は2月と言われていて、晴れた日には
照り返しもあり真っ白な世界を、写真で切り取ることができます。

私も2月に行きましたが、途中まで晴天だったのに
地蔵山頂駅に着く頃には、目の前にはほとんど何も見えない状態でした。笑

地蔵山頂駅にはスキーをするために向かう方も沢山いましたよ。

しっかし!!!!!!!
吹雪いている日は観光客が行っても、寒さに勝てなくて滞在時間は約5分でした。

ほんっとに寒すぎたので、
防寒対策はしっかりとして行ってくださいね^^

まとめ

寒さの対策さえしっかりとすれば、樹氷高原駅でも心ゆくまで写真が撮れると思います!

(樹氷高原駅)

樹氷高原駅▷地蔵山頂駅

蔵王山麓駅▷樹氷高原駅

私は寒いのがとっても苦手なのと、突発的に決めてしまったこともあり
防寒対策が足らなかったのですが。

この記事を読んだ皆様にはこの反省を活かして、−10度でも写真を撮れるフル装備をして
暖かい格好をして行って頂ければと思います^^!

 

雪慣れしていない都会っ子にはこの景色は新鮮で、カメラに真っ白な世界を映し出すのは
控えめに言ってもとても楽しかったです。

この季節の蔵王はとても寒いので念には念を。
暖かい格好と、しっかりカイロを足先まで忍ばせて。

まどか

1人でも多くの女性が今より幸せを感じて、いつも穏やかに笑顔で過ごせますように♡
そのために私ができることは…
✔︎セルフコーチングを通して、自分の枠を外して自由に生きる女性を増やすこと。
✔︎コーチングを通して、好きなことをしながら女性が輝くお手伝いをすること。
✔︎今よりちょっとずつ生きやすく、自由に考える方法をお伝えすること。

今日も明日も沢山笑って、毎日楽しく過ごしたい!♡
フルタイムOLをしながら、起業家さんのアシスタントをしています^^

副業/セルフコーチング/起業アシスタント/ライター/旅行/カメラ/物撮り/タピオカ/身体を整えること/天然石/オーガニックコスメ

Follow Me
スポンサーリンク
Japan
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
Follow Me
InMadokasHeart
タイトルとURLをコピーしました