【Column】好きなことの見つけ方〜好きを見つける2つのポイント〜

「好きなことを仕事に」
とか
「好きなことで週末起業」
って言葉、最近よく耳にしませんか?

私は初めてその言葉を耳にした時、
すっごくザワザワして。笑

それまで、
フルタイムで働かないと一人前のお給料はもらえないと思っていたし、

多少仕事で大変だったり嫌な思いをしたりしているから
生きていけるだけのお給料がもらえると思っていたからです。

 

2年前は、「好きなこと=仕事」というのが信じられなかったし、
周りに仕事が生きがい!みたいな人もいなかったので
そんなの一部の人の幻想でしょ!!!!って思っていました。

 

その一方でザワザワしながらも、
その方法や働き方がすっごく気になっている自分もいました。

好きなことが分からない

じゃあ、好きなことを仕事にできるかもしれないなら
そのための情報収集してみよう!と思っても

すでに好きなことがはっきり分かっている人向けの
起業のステップだったり働き方を教えてくれる情報ばかり。

 

「へ〜。みんなそうやって
少しづつステップアップしていくんだ!」

というのは分かっても、

私がすごく困ったのは
好きなことを仕事にするって言ったって、
まず自分の好きなことがわからない!

ということ。

 

好きなことを仕事にしてみたいと思っても、
それまで毎日忙しく過ごしていて、仕事や目の前のことに追われて
来る日も来る日も精一杯だったた私にとって、

「自分の好きなことってなんだったっけ?」と自分に問いかけても
なかなかピンっとくるものはありませんでした。涙

この状態で好きなことを考えても、
ショッピングや映画を見ること、美味しいものを食べること
などのこれまでストレスを発散するためにしていたことしか
なかなか出てきませんでした。笑

何も仕事には繋がらなさそうなものばかり。

 

好きなことを仕事にしたいと思っているけど、
自分にとってそれが何か分からない。

この壁に当たる女性は意外と多いのではないかと思います。

 

好きなことを思い出すためのポイント

そんな好きなもの迷子のときに考える切り口としてオススメなのは、

・今何も制限がないとしたら、思いっきり時間を使ってやりたいこと
・小さい頃好きだったことを親など周りの人に聞いてみる

この2つの切り口から考えてみること。

まず1つめは、今自分が置かれている状況の中で
好きなことを探そうとしても見つからないのなら、

今の仕事しなくても収入が充分にあって、
今すぐどこにでも行ける時間の自由もあって、

家族や友人のしがらみも何もなかったら、

何をしてみたい?を考えてみる。

自分のいる状況のあらゆる制限を取り外してみると、実は
ヨーロッパに旅行に行きたい、
心ゆくまでお菓子作りがしたい、

1日中サーフィンしていたい、
などと○○したい!が出てくるようになりませんか。

 

もう1つは、自分が小さい頃に夢中になってやっていたことは何かを
親や昔からの友人に聞いてみることです。

 

小さい頃って、純粋に何かに
夢中になっているものがあるじゃないですか。

「人気者になれるから、サッカーしよう!」
って考えないですよね?

サッカーが好きで好きでたまらなくてサッカーをやますよね。

自分が忘れているだけで、
小さい頃自分が夢中になってやっていたことって

特に親はよく覚えているものなので、
どんなものがあったのか聞いてみるのもいいですね♡

 

好きなことを見つけると、生活にちょっと楽しみができる

本日の記事では、
好きなことを仕事にしたい!好きなことってなんだろう?って方に向けて
好きなことを見つけるコツについて紹介しました^^

好きなことが必ずしも仕事になる訳ではないですし、
好きなことを仕事にするための方法は様々なアプローチがあるので
一筋縄で行かないこともあるかもしれませんが

好きなことを見つけると、毎日忙しく過ごす中でも

好きなことをするためにダラダラTV見るのはやめよう、とか
今日は残業しないで好きなことをする時間を取ろう、など

これまでの生活にちょっとした楽しみができるようになります♡

 

私はそういったことの積み重ねで、
自分の人生をちょっとずつ好きなことばかりで
埋め尽くすことができるようになりました。

好きなことの見つけ方、参考になれば嬉しいです^^

タイトルとURLをコピーしました